動物看護士のお仕事

動物看護士は、主に動物病院で行われている獣医療のサポートをしています。

仕事内容をあげると、動物病院での受付業務や獣医師による診察・治療のサポート、入院している動物のケア、カルテの作成や管理などがあります。また、飼い主様とコミュニケーションを取ることも動物看護士の大事な役割の1つです。
動物看護士になりたいと思ったら、大学や専門学校などの教育機関で動物看護を学んで動物病院などに就職するのが一般的です。動物病院以外では、ペットショップやペットサロン、動物関連企業などで働く場合もあります。動物看護士は人に対する看護師とは違って、国家資格は必要ありません。しかし、動物の命に関わる仕事なので、動物看護学や動物行動学、公衆衛生学などの知識があることが望ましいとされています。これらの学問では、動物の主な疾病やその検査法、治療法、予防法、動物の問題行動の原因や予防法、動物の栄養管理や食事療法などを学びます。また、動物が診察の時に動かないようする保定法を学んだり、適切な薬剤の投与法を学んだり、手術時に動物を感染症から守る消毒法や滅菌法などを学んだりします。
動物看護士は愛犬家 愛猫家にとって、獣医師よりも身近な存在です。犬や猫を飼っていると、病気の時だけでなく予防接種などで動物病院を訪れる必要があります。動物看護士は動物病院での受け付や会計、予約を取る事務手続きなども行っていますし、虫歯や肥満予防など生活習慣へのアドバイスを行うこともあります。また、怪我をしてしまった動物のリハビリをサポートすることもあります。動物看護士は飼い主様と接する機会が獣医師よりも多いのです。動物病院へやってくる動物や飼い主様は緊張していることも多いので、リラックスしていただける環境づくりも欠かすことができません。動物看護士の使命は、獣医療に携わる者として動物たちの健康を守ることにあります。