尿管ステント 猫

猫ちゃんで尿管閉塞を起こす子が増えています。
尿管は腎臓で作られた尿を膀胱に運ぶ管です。腎臓で出来た結石が尿管に流れ込んで、途中で引っかかり詰まってしまうのが尿管閉塞です。他にも腫瘍や炎症が原因でも閉塞を起こすことがあります。

一般的な症状は元気消失、食欲不振、乏尿、無尿、などです。尿管閉塞は比較的まれな病気ですが近年、増える傾向にあり注目されている病気です。理由として考えられるのシュウ酸カルシウムの結石が増えていることです。
猫ちゃんではストルバイトとシュウ酸カルシウムの二種類が結石の大部分を占めています。
ストルバイトは抗生物質の投与で細菌感染を抑えることと処方食で比較的コントロールしやすいのですが、シュウ酸カルシウムは体質に起因することが多く処方食などでの管理が難しいとされています。

診断はレントゲンで腎臓の大きさをチェックします。閉塞を起こしていると腎臓が大きくなっている場合があります。
その後エコーで腎臓の内部の様子、特に腎盂(腎臓の内側で尿が溜まる部分)の拡張を観察します。
それだけでは実際に腎臓が尿を作っているかどうか、機能しているかどうか判断できない場合がありますので、排泄性尿路造影を行い造影剤含む尿が腎臓~尿管~膀胱に流れる様子をレントゲンで観察します。
最近は術前にCTスキャンを用いて結石の有無を最終的にチェックします。

治療法の一つがステントです。ステントを入れることで尿が腎臓から膀胱に流れるようにします。

結石が少なくて炎症も少ない場合は手術で摘出する場合も多くあります。

この写真の猫ちゃんでは複数の結石が尿管を塞いでいたため、また腎臓にも結石があったためステントを用いたし手術を行いました。

stt1

str2

横須賀 つだ動物病院 津田 航