胆嚢粘液嚢腫

胆嚢粘液嚢腫の手術がありました。
胆嚢粘液嚢腫は、胆嚢でゼリー状に固まってしまった胆汁が炎症を起こしたり、総胆管を閉塞して胆汁が流れなくなる病気です。

総胆管が詰まってしまうと、黄疸を呈し、吐き気や食欲が無くなります。気付かないで胆嚢壁が壊死して破裂すると腹膜炎を起こし突然死の原因になる怖い病気です。

写真中央が胆嚢です。

tnn1