動物たちのワクチン

先日、季節性インフルエンザのワクチンを接種してきました。摂取後半日ほど倦怠感がありました。

できるだけワクチンは接種させましょう

さて動物たちのワクチンのお話です。
ワクチンは、ウイルス疾患からワンちゃんや猫ちゃんを守る為、出来るだけ接種した方が良いものです。
しかし、ワクチンは体にとっては異物です。注射後に、アレルギーなどの副作用が起こる可能性もゼロではありません。
ワンちゃんにワクチンを接種した後の副作用で、一番多いのは、少しだるそうにしている。嘔吐、下痢、じんましん(ムーンフェイス)などです。
最も可能性は低いですが副作用として、一番怖いものにアナフィラキシーというものがあります。

アナフィラキシーショックとは

これは、体に入って来た異種蛋白に対して、即時型のアレルギー反応が起こり、急速に虚脱、低血圧となって、命に関わります。
アナフィラキシー反応はワクチンだけで起こるものではありません。
人間でも、ハムスターに噛まれたり、蜂に刺されたり、食物アレルゲンを口にしたときなどに起こる可能性があります。
ワクチンも異種蛋白になりますので、薬物アレルギーの一種として起こる可能性があります。
ワクチンによるアナフィラキシー自体は、1~2万頭に一頭以下の可能性と言われています。
とてもまれではあるのですが、何が起こるか分からないという前提のもとに、注意しながらお注射しています。

ワクチン