チョコレートによる中毒

昨日はバレンタインデーでした。
ワンちゃん・ネコちゃんがチョコレートを食べると、中毒をおこすことがあります。チョコレートにはテオブロミンという物質が含まれており、これが中毒を起こす原因になります。
症状として、興奮・震え・痙攣(けいれん)・昏睡(こんすい)などが見られることがあります。
チョコレート中毒に対する解毒剤はなく、なるべく早く吐かせることが重要です。食べた直後でなく数時間経過していても、効果があります。時間が経過してしまっていても、気づいた時点でご連絡ください。

チョコレート