わんちゃんの眼科

先日、『眼がしょぼしょぼする』とミニチュアピンシャーのRくんが来院しました。
眼科の検査(傷のチェック、涙量のチェック、眼圧検査、眼の中を見る検査;スリットランプ、眼底検査など)を行ったところ、角膜の表面に大きな傷がついていました。放っておくと擦ってしまいさらに傷を悪化させてしまう可能性や、最悪の場合眼に穴が開いてしまい失明してしまう恐れもあります。

治療方法

Rくんは、おうちではなかなか点眼が出来ない為、入院にて集中的に治療を行っていくことになりました。
角膜の傷(びらん)は点眼で良くなる場合もありますが、Rくんの場合涙の量が減ってしまっており、角膜の状態がさらに悪化してしまいます。
傷の治療と角膜の保湿を集中的に行います。
今後、あまり良化が見られない場合、外科的な処置が必要になることがあります。

ミニチュアピンシャー