若い小型犬に多い”レッグカルベペルテス病”

トイプードルのWくん、後ろ足を気にする、と来院しました。
病院にて歩き方を見せてもらうと、10歩に1歩くらいの割合で左後ろ足を挙げてしまいます。診察時に、股関節を動かしてみると、唸って怒り、触られるのを嫌がる仕草が見られました。
Wくんはまだ1歳です。若い、小型犬のわんちゃんに見られる股関節の病気『レッグカルベペルテス病(骨頭壊死)』を疑い、レントゲン検査を行いましたが、典型的なレントゲン所見が得られなかったため、さらに骨の様子を詳しく見られるCT検査を行うことにしました。

検査の結果

CT検査の結果、やはり大腿骨の骨頭と呼ばれる骨盤との関節部に異常が認められました。下の写真の右側がそうです。
Wくんは、とても活発な男のこなので症状が見えにくいのですが、すでに後ろ足の筋肉にも左右差が出始めています。
なるべく早い段階で手術を行うのが最善と考え、今後は飼い主さまと手術の日程について相談していくことになりました。

CT画像