寒さによって増える「尿道閉塞」

寒さが急に厳しくなりました。
気温が下がると、ねこちゃんの飲水量が少なくなる傾向にあります。飲む量が減ると、尿の量も回数も減るため、尿路のトラブルが起こりやすくなります。
特に、雄の猫ちゃんに多く見られるのが尿道閉塞です。
結石やそのもとになる血症が尿道に詰まってしまうために、尿が出なくなってしまいます。1日気づかないでいると、最悪の場合亡くなってしまう可能性もあります。
トイレには行くが尿が少ない、痛そうに鳴く、元気がない、食欲がない、吐く、などの症状が見られたら、様子を見ずにすぐにご連絡ください。

猫